高尿酸血症 特設サイト

こちらのページでは医療用医薬品を適正に使用していただくための情報を、
日本国内の医療関係者(医師、薬剤師、その他医療関係者等)を対象に提供しています。
日本国外の医療関係者及び一般の方に対する情報提供を目的としていないことをご了解ください。

あなたは医療関係者ですか?

高尿酸血症 UP-TO-DATE

高尿酸血症 UP-TO-DATE編集協力 HealthDay

  • VOL.4 外食頻度が高いほど高尿酸血症リスク上昇、
    中国の横断研究

    外食や家庭外で調理された食品を自宅で食べる中食(eating away from home;EAFH)の頻度が高いほど、高尿酸血症の発症リスクが高まるとする研究結果を、中山大学(中国)のZifeng Liu氏らが「BioMed Research International」10月3日号に発表した。中国においてEAFHの頻度と高尿酸血症リスクとの関連を調べた初の研究。同氏らは、高尿酸血症の予防においては生活習慣の是正が重要と指摘している。続きを見る

  • VOL.3 痛風による疾病負荷は世界的に増加傾向
    1990~2017年のGBDデータを分析

    1990年から2017年にかけて、痛風による疾病負荷は世界的に増加しているとする研究結果を、中国医科大学附属盛京医院のYang Xia氏らが「Rheumatology」10月18日オンライン版に発表した。世界の疾病負荷研究(Global Burden of Disease Study;GBD研究)データをシステマティック解析したもので、特に経済的に恵まれた先進国でその傾向が強いことも分かった。続きを見る

  • VOL.2 デュアルエナジーCTは心血管リスクが高い
    痛風患者の検出に有用

    痛風患者では、デュアルエナジーCT(DECT;管電圧の異なる2種のX線を用いて撮影する技術)により検査すると、心血管への尿酸ナトリウム(MSU)沈着の頻度が痛風のない患者に比べて有意に高く、かつMSU沈着があると冠動脈石灰化(CAC)スコアが有意に高いことが、インスブルック医科大学(オーストリア)放射線学のAndrea Sabine氏らの研究で明らかになった。続きを見る

  • VOL.1 痛風発作リスクの高い無症候性高尿酸血症、
    新たな遺伝子座をゲノムワイド関連解析で同定

    防衛医科大学校分子生体制御学の河村優輔氏らは、痛風症例と無症候性高尿酸血症(AHUA)症例を対象としたゲノムワイド関連解析(GWAS)および再現解析を実施。AHUAから痛風発作に至るリスクの上昇と有意に関連する2カ所の新たな遺伝子座、および関連する可能性がある1カ所の遺伝子座を同定したと、「Annals of the Rheumatic Diseases」7月8日オンライン版に発表した。続きを見る

  1. 前へ
  2. 1
  3. 2
関連コンテンツ
知ってるようで知らない
高尿酸血症 豆知識
高尿酸血症に関する豆知識をご紹介しています。